寒い冬を健康に乗り越えましょう

冬は気温が低くなり、空気が乾燥します。この季節になると、風邪、インフルエンザ、ノロウイルスにかかって、体調を崩される方も多いと思います。風邪やインフルエンザの流行には「空気の乾燥」に原因があります。

乾燥対策で病気を予防する

風邪、インフルエンザなどの原因はウイルスの感染によるものです。これらウイルスは水分を含んでいおり、水分が乾燥した空気によって蒸発すると、ウイルスは軽くなります。そして私たちの身の回りを飛び回り始めるのです。

さらに冬の寒さで体温が下がるので、体の抵抗力が弱り、空気中を飛んでいるウイルスが口や鼻から体内に侵入しやすくなります。そして風邪やインフルエンザなどを引き起こすと考えられています。特に抵抗力が弱い小さなお子さんやお年寄りは、ウイルスに感染しやすいので、風邪やインフルエンザの予防には「乾燥対策」を行うことがとても大切です。

乾燥対策のポイント

暖房を使うと部屋の湿度が外よりも下がるので、さらに空気が乾燥します。湿度が40%を下回るとウイルスが浮遊しやすくなるので、50-60%に保つことが重要です。加湿器を使うのが有効ですが、持っていない場合は濡れたバスタオルや洗濯物を部屋に干しておくだけでも、湿度の改善に十分な効果を上げることができます。