ビタミンと健康な体

ビタミンは私たちの体とどのような関係があるのでしょうか?

ビタミンは体の潤滑油

ビタミンは他の栄養素と違ってエネルギーや体をつくる成分ではないですが、人間の成長と健康な体に必要な働きをしています。言い換えれば、ビタミンは他の栄養素を機能させるための潤滑油のようなものです。体で作られる量は少ないので、食事やサプリメントで補給する必要があります。

水溶性ビタミン

ビタミンは全部で13種類あります。そして水溶性と脂溶性の2つのグループにわけることができます。水溶性の代表的なビタミンはビタミンCです。水に溶けやすいので大量に摂取しても、体に余分な分は尿と一緒に排出されるので、取りすぎになることはありません。水溶性ビタミンは調理方法などによって大きく失われてしまうので、不足しがちになることが多いです。このような場合は、サプリメントなどを上手く活用することをおすすめします。

ビタミンCのほかにも、ビタミンB群(ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン)が水溶性ビタミンの仲間です。

脂溶性ビタミン

先ほどの水溶性とは異なり、水ではなくて油に溶けやすい性質を持ちます。この仲間に入るのは、A、D、E、Kの4種類です。脂溶性ビタミンは水に溶けないため、尿として排出されることがなく、体内の脂肪組織や肝臓などに貯蔵されます。そして毎日少しずつ体内で消費されていきます。注意点として、その性質から稀にビタミンAやDの過剰症になることがあります。水溶性とは違い取りすぎに注意しましょう。